航空会社の仕事

かつては国内ですら移動が難しかった時代というのが存在しました。
特に日本は島国という特性もあり、北海道との間の移動すら難しい時代というのが長く続いてきたわけです。
これが大きく変化し、国内のみならず海外までも簡単に行くことが出来るようになったのは、「航空機」の登場による部分が非常に大きいと言えるでしょう。
航空機がなければ、まだまだ行くのが難しい場所というのは多くあるはずです。

そんな航空機の発着や、その周辺に係る仕事をになっているのが「航空会社」です。
航空会社にもいろいろな種類があり、最近では安価で乗ることが出来る航空会社である「LCC(Low Cost Carriers)」の登場などで、また情勢が変わりつつあります。
閑話休題、では、航空会社にはどのような職業の人たちが存在しているのでしょうか?パイロットだけいれば航空機が飛ばせるわけではない、というのは勿論皆さんも理解されていることでしょう。

この先のページでは、航空会社に関わっている様々な仕事の種類について紹介します。
その上で、それらの仕事に就くためにはどのようなルートを辿る必要があるのか、ということについても紹介します。
航空機にまつわる仕事というのは、古くから高い人気があります。
男の子にとってはパイロットが、女の子にとってはキャビンアテンダント(旧くはスチュワーデスと呼ばれていたものですが)が人気ある職業であるのは今も昔も変わりません。